大川家具コーディネート研究所TOP > 大川家具ドットコムの理念 > 国産家具にこだわる理由

国産家具へこだわる理由

1.地場産業の活性化

近年では経費削減の為、コストの安い海外に製造を移すメーカーが増えています。
もちろん、人件費の安い国で作ると経費が浮いて、その分会社の利益はあがります。

しかし、利益と引き換えに製造技術や仕事を輸出しているという事を理解しなければなりません。

当然、海外で生産をするという事は現地の人間が製造をします。
製造するには技術を教えなければなりません。
つまり、職人・技術者を育てるという事です。
その結果、日本の職人が減り、職人の居場所が無くなるという、「産業の空洞化」がどんどん進んでしまいます。

家具業界だけでなく、電化製品も中国製や東南アジア製が増えてきています。
日本の素晴らしい技術者が素晴らしい製品を生み出しても、その製品を海外で作るのであれば日本に工場は不要です。
この様にして職人を抱えている小さな町工場がどんどん少なくなっているのです。


私が生まれ育った町、福岡県大川市はかつては家具産業でにぎわっており、20年前は市内に約580もの家具関連の事業所が存在していました。
しかしながら、現在ではその数100社程度。
(大川インテリア振興センター資料より)
職人は働く場所を失い、その腕を活かせる場所も少なくなりました。

「大川家具」は室町時代から続く伝統的な産業です。
この伝統ある文化・技術を次世代につなげるべく、当社では日本で作られた国産家具だけを取り扱い、
日本の産業空洞化抑止に少しでもお役に立てればと思っています。


工場内部


私たち「大川家具ドットコム」は、日本の職人にこだわり、日本の町工場を応援します。


2、小さいお子様が安心できる住まいづくり

「シックハウス」という言葉をご存知でしょうか?
ひと昔前に、新築の家に住んだらお子様がアトピーになったり、咳が出たりすると話題になった事がありました。
それは人に悪影響を与えるホルムアルデヒドなどの化学物質が人工物である家から発散され、それが人に触れたり吸い込んだり
する事で起こる体の不調です。

今では建築基準法の改訂により、住宅建材の安全性や換気の規制が見直されて影響は少なくなっています。
しかしながら、家具については明確な基準はありません。

家具も家と同様、接着剤などにシックハウスの原因となるホルムアルデヒドなどの成分を含む材料を使用しています。
日本ではJIS・JAS規格によって住宅に使われる建材のホルムアルデヒド等級は規制されていますが、家具に使う建材や接着剤は規制されていません。

規制が無いとは言え、やはり化学物質の濃度が高いとシックハウスの症状が出る場合もあります。
特に海外産の安価な家具はコストカットの為にあまり考慮されておらず、臭いもキツい物が多い印象です。

私たち大川家具ドットコムは自主的に規制を設け、ホルムアルデヒト放散等級のF☆☆☆以上のものを扱います。
「ホルムアルデヒト放散等級表」
http://www.akita-marumatu.co.jp/list1.html


小さいお子様も安心


安心な国産家具だけを取り扱い、日本の将来を健康なものにしたいと思っています。


3、環境保全

近年、地球環境問題が取り沙汰されていますが、木材を大量に使用する家具も無関係ではいられません。
ご存知のとおり、木は自分の成長の為に二酸化炭素を吸収します。
つまり、これは二酸化炭素の貯蔵庫だと考える事ができます

そんな大切な木ですから、伐採が無計画に行われている地域からの木材から製造される家具はなるべく扱いません。
当店では「ウォールナット」や「ブラックチェリー」などの木材を使用した家具を扱っていますが、これらは北米などが原産の計画伐採された木材が主です。

しかしながら、違法伐採された木材が流通しているというのも事実です。
東南アジアの森林地帯では、伐採業者が利益のために先住民を追い出して森を開拓し、環境破壊を進めたりしています。
(「サラワク木材」で検索してみてください)

また、海外の安い木材の輸入量が増えたことにより、国内の林業が衰退しつつあります。
森は手を入れないと草木が地面に生えず、土砂が流出し、枯れた山地になってしまいます。

下流の私たちが安心して生活出来る場を作る為にも、積極的に国産材を使用し、山の手入れをする日本の林業の一助となればと思います。

写真は、2006年10月大分県日田市の林業の現場を視察した時のものです

安心な国産家具だけを取り扱い、日本の将来を健康なものにしたいと思っています。


 
写真は、2006年10月大分県日田市の林業の現場を視察した時のものです


杉やヒノキなどの国産材を使う事により、人々の環境への意識をより一層高めていきたいと思っています。